ファイナンシャルプランナー(FP)の形態(企業系と独立系)

ファイナンシャルプランナー(FP)の形態は
★企業系
★独立系

の2つに分かれます。詳しく説明すると、

【企業系ファイナンシャルプランナー(FP)】

はじめに、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格をあると就職に有利だと言いました。それはこの企業系の場合です。主に保険会社・証券会社・銀行などの金融機関に就職し、自社製品の販売をする際にファイナンシャルプランナー(FP)の手法を活かして、無料でファイナンシャルプランニングサービスを行います。

【独立系ファイナンシャルプランナー(FP)】

これは種類がさまざまで、

●ファイナンシャルプランナー(FP)会社

有料のファイナンシャルプランニングサービスを行う企業、または個人事務所。

●保険代理店

数社の保険会社の商品を扱い、販売を行います。保険会社から独立して、個人で開業する場合は、このパターンが多いようです。
私も今、保険会社の外交員として働いていますが、将来的には、この保険代理店として独立をしたいと考えています。

●他の士業+ファイナンシャルプランナー(FP)

他の国家資格を持っていて、さらにファイナンシャルプランナー(FP)の手法を取り入れ、ダブルライセンスで開業しているパターン。
ファイナンシャルプランナー(FP)+宅建
⇒不動産管理のエキスパート
ファイナンシャルプランナー(FP)+社会保険労務士
⇒企業の労務管理サポートと年金相談
ファイナンシャルプランナー(FP)+行政書士
⇒書類作成やお金にまつわる法律サポート

これらの場合、通常のファイナンシャルプランナー(FP)よりも、仕事の幅が拡がるので、さらなる年収アップが見込めますが、宅建以外はとても難易度が高いため、それなりの覚悟が必要です。

このように、ファイナンシャルプランナー(FP)は企業に就職しても、独立しても、世間に求められる資格であることは間違いありません。
そして、将来を見据えた個々のライフプランが必要不可欠となる、これからの時代、ますますファイナンシャルプランナー(FP)のニーズは増加していくでしょう。

人気急上昇のファイナンシャルプランナー(FP)になるには、通信教育の『フォーサイト』がおすすめ!
⇒コチラ

就職難を乗り切るには