ファイナンシャルプランナー(FP)試験

試験は、学科試験と実技試験とがあります。
実技試験といっても、試験形式は筆記です。内容は提案設計で、事例や計算式など、より実務に近いものが記述式で出題されます。学科試験よりも実技試験の方が難しいので注意が必要です。

【学科試験】

科目 出題数
ライフプランニングと資金計画 10問
リスク管理 10問
金融資産運用設計 10問
タックスプランニング 10問
不動産 10問
相続・事業継承 10問

出題形式⇒筆記(マークシート形式) 択一式
 ※各問題の解答を4つの中から1つ選ぶ
試験時間⇒120分
合格基準⇒36点以上(60点満点)

【実技試験】

科目 出題数
FP総論 2問
金融資産運用設計 4問
不動産 3問
リスク管理 4問
タックスプランニング 3問
相続事業・継承 3問
ライフプランニング・総合問題 21問

出題形式⇒筆記(記述式)
試験時間⇒90分
合格基準⇒60点以上(100点満点)

※尚、学科試験と実技試験とは、同日に受検することになりますが、
残念ながらどちらかしか合格できなかった人は、試験免除制度があり、 学科試験または実技試験の合格者は、合格した試験は次の受検の際に免除されます。

企業の注目度NO.1!ファイナンシャルプランナー(FP)