ファイナンシャルプランナー(FP)とは

先ほども言ったとおり、パソコンがここまで普及した現在、パソコン系の資格を持っていることは、一流企業にとっては当たり前です。
この不況の中、“強み”となるのは、+αの部分。そこで、今人気・注目ともに急上昇なのが『ファイナンシャルプランナー(FP)』。
ここでは、なぜファイナンシャルプランナー(FP)が業に求められるのかを検証していきましょう。

ファイナンシャルプランナー(FP)とは・・・・・・

顧客の収入・支出などを分析し、貯蓄計画・投資・保険・税金対策などのトータルなライフプランを立案、サポートする仕事です。
先の見えない経済不況により、個々のリスク負担が増えている今だからこそ、明確な将来のライフプランが必要不可欠。そんな時代に求められるのがファイナンシャルプランナー(FP)というわけなのです。

具体的にファイナンシャルプランナー(FP)の学習科目を見てみましょう。ファイナンシャルプランナー(FP)は下記の6ジャンルの学習をします。
①ライフプランニングと資金計画
⇒ライフプランニングの考え方や手法・社会保険・年金と税金など。
②リスク管理
⇒リスクマネジメント・生命保険・保険制度全般・損害保険など。
③金融資産運用
⇒投資信託・株式投資・債券投資・金融商品と税金など。
④タックスプランニング
⇒税法・所得税の仕組み・個人住民税や個人事業税・法人税・消費税など。
⑤不動産
⇒不動産の見方・不動産の取引・不動産の賃貸・不動産の証券化など。
⑥相続・事業継承
⇒贈与と税金・相続と法律・相続と保険の活用・事業と経営など

学習科目と職種のつながりは
ライフプランニングと資金計画⇒保険会社
金融資産運用⇒証券会社・銀行
不動産⇒不動産会社・住宅メーカー・建設会社・銀行

というように、金融系企業や保険会社はもちろん、住宅メーカーや建設会社でもファイナンシャルプランナー(FP)は求められています。
最近では、一流企業や大手メーカーでも必須とする企業も増えてきました。ということから、金融系企業や保険会社に就職・転職を目指している人はもちろん、一般企業に至っても、ファイナンシャルプランナー(FP)という資格は、企業にとっても有難がられるので、取得して損はないと言えるでしょう。

私の場合もファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得する前と、 した後とでは、明らかに企業の対応が違いました。私が働いている会社は、 「入社3年以内にファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得する こと」というのが条件なので、入社時に既に資格を取得している私は、他の人に比べて、とても有利でした。

企業の注目度NO.1!ファイナンシャルプランナー(FP)